冬場の美容ケアって意外と大変

2私は美容のお手入れでは季節によって使う基礎化粧品やコスメを変えています。

シャンプーであれば、夏はべたつきを抑えたいので軽やかな仕上がりが魅力的なノンシリコンタイプのシャンプーやべたつきにくいコンディショナーを使いますが、冬場は保湿を重視したいので、濃密な保湿力のシャンプーを使ったり、しっとり仕上がるタイプのコンディショナーを使ってます。

また、夏場はスキンケアでは美白や紫外線ケアにかなり重きをおいたり、化粧の際も皮脂や汗対策や化粧崩れ対策に熱を入れる事が多いです。

しかし、冬場は紫外線よりもどちらかといえば保湿性に重きをおきたいので、保湿ケアに富んだ化粧下地を選んだり、パウダータイプよりもしっとり仕上げやすいクリームタイプのファンデーションを使うようにしてます。

季節によって使うコスメや化粧水やクリームを変えるようにしてからは、なんとなく肌の調子が良い気がします。

ただ、私は基本的にずぼらで面倒くさがりなので、冬場の美容はいつも大変です。

とにかく乾燥肌なので、冬になるとこまめにハンドクリームやリップクリームを塗りこむ必要があったり、手足にはボディバターをすりこんだり、踵のごわつきをケアしたりと、冬の保湿ケアは顔以外のパーツもとにかく手を抜けないので大変だなと実感します。

冷えも美容の大敵なので、冬場は生姜湯を飲んだり、家で過ごすときは厚手の靴下を履くなどして、あまり身体を冷やさないように気をつけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です